クレジットカードを申し込んだ時、深い意味もなく、キャッシング枠を設定したものの、実際に使うことがないまま、数年が経過しました。
 大手企業に勤務していた当時は年収も高く、クレジットカードを使うより、その都度現金決済することが多く、年数を経過するにつれて、限度枠も上がっていきました。
 そんな中、自営業を営んでいた父が廃業を余儀なくされ、運転資金に借入していた消費者金融からの督促状、電話、訪問が激しくなり、母が精神的にバランスを崩すという出来事が起こったのです。
 その時、何度も訪問を受けていた消費者金融で借りていた額は50万円ほどで、私の預金で返済が可能な額でした。
 「1社完済してくれれば、それ以外は自分で何とかする」という父の言葉を信じて、指定された口座にお金を振り込みました。
 そして、その会社からの連絡はストップしました。
 ですが、父が同業他社への返済が滞るまでに、そう時間はかかりませんでした。
 とはいえ、自分にも生活があるので、自分名義で借金をしてまで助けようとは決意できず、預金がなくなるまでは協力しましたが、口座が空になった時点で、父に債務整理するように勧めたのです。
 父は、その忠告を聞きませんでした。
 そのため、両親と同居していた弟二人は、自分で大学の学費を稼がなければならなくなったのです。

 

 結婚で家を出ていた私は、母や弟たちに生活物資の差し入れをしたり、父に見つからないように小遣いを渡す程度の援助はしていたものの、父の借金の依頼ははねつけていました。
 ですが、弟が学費を振り込むために両親に預けたアルバイト料を、父は自分の借金の返済に充てたのです。
 納入期日が翌日に迫ってから、弟からその話を聞いた私は、まず自分の口座にある残高を確認。
 結婚前にしていた預金が多少残っており、夫の許可なく使うことはできましたが、それだけでは学費の全額はまかなえませんでした。
 そこで、札幌市の中心部にあるデパートで、初めてクレジットカードで30万円をキャッシング。
 半年分の学費を、弟に手渡すことができました。

 

 クレジットカードのキャッシング枠は、借り入れた金額に応じて返済額が決まります。
 また、元本が減ると、くり返しキャッシングをすることができます。
 一度キャッシングを経験してしまうと、困ったときに借り入れをすることにためらいがなくなります。
 その後、夫の退職や独立起業で収入が不安定だったとき、どうしても現金が必要で、口座にお金がないときに、キャッシングを利用するようになっていったのです。

 

 時間に余裕があれば、公的機関や銀行ローンを組む方が、金利が安く済むことはわかっています。
 ですが、キャッシング利用者が多いのは、審査から入金までにかかる時間が短く、急いでいるときに便利だからです。
 銀行系のカードローンより、消費者金融系の方が審査も甘く、必要金額が低ければ、店頭でその場でキャッシングができることもあり、困っている人ほど、足を運ぶのだと思います。

 

 とはいえ、リボ払いは元本がなかなか減らず、金利も高いというデメリットが多いので、私は返済計画をたてることにしました。
 私は10年定期の養老保険に加入してたので、その満期には返済が完了するように考え、キャッシング可能なクレジットカードを持ち歩くのを止めました。
 そして、賞与が支給されたときには、クレジットカード会社に電話して、可能な限り入金をするように心がけたのです。
 普段の生活も、ポイント目当てでクレジットカードを使うことが多かったのですが、できるだけ現金を使うように意識して、予算内で家計をやりくりする習慣をつけました。
 こうして、養老保険の満了時に保険金を受け取り、それでキャッシングローンを完済したのです。

 

 一度、キャッシングローンを完済すると、次のクレジットカードの更新時には、利用可能額が変わります。
 私はその後、子供を連れて離婚することになるのですが、引っ越し先を探す際、夫婦の口座に残したお金を自由に使えなかったため、再びキャッシングを利用して、転居を済ませています。
 シングルマザーは、正社員で働いていたとしても、銀行系のカードローンの審査に通りにくかったり、希望の額面が用意できないこともありので、とても助かりました。
 その後、札幌市の母子福祉制度を利用して、引っ越し費用の7割を無利子で借り入れることができたので、キャッシングローンの返済に充てたのはいうまでもありません。
 このように、正規の借り入れをするまでのつなぎとしても、キャッシングは利用できます。
 金利が高くても、返済期間を短縮することで、総返済額を減らすこともできます。
 身内や友だちに借金を申し込んで気まずくなるよりも、返済可能な額ならキャッシングを利用することをおすすめします。
 家計管理ができる人なら、きちんと完済することはできますから、先入観を持つのは止めてはいかがでしょうか。